ミニストップフランチャイズの評判など当てにするな。失敗しない儲かるFCなのか仮想運営してみた

投稿日:

ミニストップ,フランチャイズ,評判,失敗,儲かる,FC

激化するミニストップフランチャイズオーナー募集。システムや期待できる年収を暴く

基本的に、コンビニFCモデルの評判はあまり良くありません。一方で、コンビニの店舗数は年々増加している事実もあります。本当に儲からないビジネスであれば、ここまで成長するものなのか疑問に思います。

ご存知の通り、コンビニのサービス内容はすべて同じです。店舗ごとに違いがあるとすれば、「立地」と「接客レベル」くらいでしょう。つまり、この2つがお店の「売上分母」を決定してしまう可能性が高いです。これについては改めて記事にさせていただきます。

今回はそれ以前のお話で、そもそも「ミニストップFCモデルは儲かるのか?」という疑問に対し、独自プロフィットを活用しながら現実的なオーナー年収まで明らかにしていきます。

まずは、本部のキャッチから確認していきます。

※フランチャイズ独立ロードマップは、以下の項目をもとに仮想運営を行いFCモデルの期待値を丸裸にしていきます

  • 本部のキャッチや条件に不審な点はないか
  • 応募から開業までの流れ
  • 正確な開店前費用
  • イニシャルコスト(初期投資額)
  • 収益モデル分析
  • 償却前ではなく償却後利益の算出
  • 仮想運営を行い利益(期待値)を丸裸にする
  • オーナー年収の算出
  • 生業向きか?事業向きか?
  • 結論

固定給を貰いながら独立の準備ができる安心の『インターン契約社員制度』!
さらに開業時『180万円』の独立奨励金も!ミニストップであなたもコンビニオーナーに。※本部引用

1980年5月に設立し、イオングループの戦略的小型店事業の一員として、
国内・海外で5,321店(2017年8月末時点)を展開しています。

今後も引き続き多くの地域で貢献をしていけるよう、国内・海外共に
店舗数を拡大をしてまいります。

ミニストップでは、通常のフランチャイズ契約に加え
『インターン契約社員制度』を設け、貯金がなくても、経験がなくても、
固定給を貰いながら独立の準備が可能です。
さらにこの制度の利用者には、開業時『180万円』の独立奨励金が
支給されます。

ミニストップ,フランチャイズ,評判,失敗,儲かる,FC

仕事の魅力

ビジネスの特徴

ミニストップは、小売り大手イオングループが運営するコンビニです。ミニストップ,フランチャイズ,評判,失敗,儲かる,FC
国内外・計300社以上の企業で構成され、コンビニ&ファストフードの融合店「コンボストア」として40年近く展開しています。

6000品目以上の「トップバリュ」商品、電子マネー「WAON」の取り扱いにより、競合店との差別化・利益向上が可能です。

創業以来大人気の、店内で調理するソフトクリームやポテト等のファストフードは、約50%ほどの高い粗利益率をほこる高収益商品です。

また、既存する店舗の引継ぎ制度もあります。
開業を希望するエリアで既存店からの引継ぎ開業が可能な場合は、初期投資の節約にもなります。
まずはご希望の開業エリアを本部までご相談ください。定期的に開催している説明会でも、情報をご提供いたします。

実績あるインターン制度

ミニストップでは、他社コンビニ店に先駆け、ミニストップ,フランチャイズ,評判,失敗,儲かる,FC1人で独立が可能な「インターン独立契約社員制度」を展開しています。

月給27万円(業界最高水準)をもらいながら、契約社員として最長22週間の研修を受け、ミニストップ直営店の店舗運営業務が経験できます。

実店舗の運営方法や接客の仕方、商品の発注方法などの基礎はもちろん、店舗の経営者として必要なイロハをじっくり学ぶことができるため、未経験の方も安心です。

契約社員として勤務した店舗で独立しオーナーとなるため、すでに働いているスタッフ・店の売上をそのまま引き継ぐことができます。女性も男性も1人で独立が可能で、さらに年齢の制限もありません。(一部を除く)
1人での開業をお考えなら、10年以上前からサポート体制を整えてきた、ミニストップにお任せください!

強力なサポート体制

未経験の方でも安心して開業ができるよう、ミニストップ,フランチャイズ,評判,失敗,儲かる,FC開業前・開業後に本部によるサポートも徹底しています。

開業前(22週間)の主なサポート

  • 店舗での実習 (オペレーショントレーニング、商品の発注方法、シフトの作成、精算など、経営に必要な実務)
  • 集合研修 (トレーニングセンターにてレジ操作、調理などの基本業務)

後半期間は、社員の補佐のもとで、引継ぎ予定の店舗にて実践的な店舗運営を学びます。

開業後の主なサポート

・店舗収入保証
年間2100万円の加盟店総収入が最低保証されます!

・スタッフの育成
ミニストップ独自の教育プログラム「イエローテイル プログラム」に則ったスタッフ育成により、スキルの底上げを図ります。

そのほかにも、詳細な事前調査をはじめ、会計業務の代行、経営アドバイス、オーナートレーニング、商品開発やサービスの導入など、オーナーさまの店舗経営が成功するよう、開店後も、本部が力強くサポートしています。

また、独立支援金180万円支給、本部融資50万円のほか、社会保険完備、時間外・深夜勤務手当の保証もあり。

コンビニ業界ではめずらしく、夫婦で開業しなくてもいいため、1人で開業したい方にオススメです。単身者の方の加盟もOK!安心と充実のサポートで、今までに600名を超えるオーナー様が"1人独立"をしています!

収益モデルと必要な資金

売上高:15,000,000円/月
その他経費 :2,200,000円
本部へのロイヤリティ:1,970,000円
営業利益 :500,000円【月間オーナー収益】

募集概要・開業に必要な資金

応募種別:個人・法人
応募エリア:東北、関東、東海、近畿、四国、九州
必要な開業資金:加盟金250万円(税抜き)
開業資金(内訳):【加盟金】250万円(税抜き) ※保証金150万円含む

必要運転資金:550~600万円
対象年齢:年齢問わず
回収期間:約4年

引用元:フランチャイズの窓口

ミニストップFCモデルの正確な開業資金を算出する

本部の広告を見ると、応募から開業までの流れはスムーズです。しかし、大切な「数字」が非常に大雑把だという印象を受けました。大手なのだから「希望軒FC」のようにもう少し具体的な数値を提示してほしいですね。これでは損益の詳細が不明です。

人気のラーメンフランチャイズ「希望軒」FCモデルの実態や仕組みを丸裸にして儲かるのか調べてみる

上記説明では開業資金が加盟金の250万円しかありませんが実際は異なるはずです。「物件取得費用」と最低6ヵ月(家賃)の「敷金」は必要になります。研修費などは加盟金に含まれている可能性があるので本部にきちんと確認してみてください。

また、コンビニFCモデルを行うには幾つかの契約タイプがあります。土地と建物を自分で準備する、またはフランチャイズ本部が用意するというものです。自分で物件を取得すると、ロイヤリティが低くなる可能性もあるようです。いずれにしても確認は必要ですね。

2017年12月13日:追記

開店前の研修費は加盟金に含まれておらず、別途必要になることがわかりました。詳細な金額までは不明ですが念のため50万円ほど準備しておいた方が良さそうです。また、ミニストップFCモデルのロイヤリティは粗利分配方式で加盟店の売上総利益に一定のパーセンテージをかける方法を採用していることもわかりました。

【ロイヤリティ】

  • 売上総利益の30%
  • 上記は自身にて土地と建物を用意するSタイプ契約、SLタイプ契約の場合

ここでは、自分で物件を取得後、賃貸でミニストップFCモデル出店に挑んだケースを前提に説明します。ちなみに、郊外型で建坪45坪、駐車場20~25台ほどのテナントをベースとします。

  • 想定家賃:800,000円×敷金6ヵ月=4,800,000円
  • 工事期間/空家賃1ヵ月:800,000円
  • 不動産仲介料/家賃1か月分:800,000円
  • 加盟金:2,500,000円
  • 研修費:500,000円

開業費=9,400,000円
※取得する物件の賃料によって数値は大きく変動する

開業前に940万円という大きな資金が必要になることがわかりました。

研修費」などがどうなるか気になるところです。別途必要になるということであれば「宿泊費用」なども想定しておかなければなりません。

ミニストップフランチャイズモデルのイニシャルコスト(初期投資額)を算出してみる

次に、内外装費を坪単価45万円ほどで計算してみます。※私はコンビニ専門ではないため数字が乖離する可能性もあります。その場合は後ほど開示する「プロフィット算出条件」に正しい数値を打ち込めば問題ありません
併せて、サイン(看板)工事費用も含めておきましょう。

  • 内外装費/坪単価/450,000円×45坪=20,250,000円 ※バックヤード(簡易厨房)含む
  • サイン(看板)工事費=2,000,000円

内外装+サイン工事費:20,250,000円+2,000,000円=22,250,000円

これに、先ほどの開業費を足してみます。

  • 内外装+サイン工事費/22,250,000円+開業費/9,400,000円=イニシャルコスト/31,650,000円

ちなみに、すべて税抜計算なので108%にしてみましょう。

  • 29,150,000円×108%=33,232,500円

結構な数字になりましたが、この他にも「運転資金」が必要です。本部は550~600万円を見込んでいますが、個人的には400万円ほどで問題ないかと思います。また、備品代100万円、雑費も50万円ほど抜かりなく計上しておきましょう。

  • 運転資金+備品代+雑費=5,500,000円
  • 33,232,500円+5,500,000円/運転資金=38,732,500円/総イニシャルコスト

昨今では、イニシャルコストに運転資金を含めない風潮がありますが、私は賛成しません。運転資金も、そのモデルを走らせるための経費であり実際に消耗していくものです。借入額の増減にも関わるので必ずイニシャルコストに含めてください。

ミニストップFC本部が開示する収益モデルを分析

ここで、本部が開示しているミニストップフランチャイズ収益モデルを見てみます。

収益モデル
売り上げ高 【月間売り上げ】15,000,000円
その他経費 【月間支出】2,200,000円
本部へのロイヤリティ 1,970,000円
営業利益 【月間オーナー収益】500,000円

このように、あまりにもザックリとしていて全く詳細がわかりません。これで「月間オーナー収益500,000円」と言われても鵜呑みにしてはいけませんし、自分の収入をどれほど見込めるかについては必ず自身で調べる必要があります。これが最も重要な作業にも関わらず、多くのFC加盟希望者はそれをやりません。結果的に「話しと違った」と後戻りできない状態になってから騒ぎ立てるケースが多いです。

そうならないよう、今回は私が仮想運営(期待値分析)を行ってみたいと思います。

ミニストップフランチャイズのプロフィットを丸裸にして本当に儲かるのか確かめる

以下、出店条件

【イニシャルコスト:31,650,000円】※税抜

  • 物件取得費用(仲介)/賃料80万円/1ヶ月/800,000円
  • 敷金6ヵ月:4,800,000円
  • 工事期間空家賃:1ヵ月/800,000円
  • 加盟金:2,500,000円
  • 研修期間経費:500,000円
  • 内外装工事費:20,250,000円 ※バックヤード(簡易厨房含む)
  • サイン(看板)工事費:2,000,000円

イニシャルコスト:33,232,500円(税込)

  • 運転資金:4,000,000円
  • 備品:1,000,000円
  • 雑費:500,000円

総イニシャルコスト:38,732,500(税込)

  • 自己資金:10,000,000円
  • 借入金:29,000,000円/金利2%/元金均等/10年返済
  • 初月返済額:289,999円
  • 総返済額:31,924,115円
  • 利息合計:2,924,115円
  • 利息割合:9.2%
  • 支払金利(変動):24,368円

【運営条件】

  • 45坪:郊外型駐車場タイプ
  • 24時間営業
  • 売上想定/単月:15,000,000円 (本部見込み)
  • 原価:10,500,000円 ※70%想定
  • 地代家賃:800,000円
  • ロイヤリティ:粗利益×30%
  • 正社員:0人
  • アルバイト:常時稼働2人
  • 減価償却費は15年で平均値をざっくり算出しているので方針によって月々の数字は大きく変わる※オープン月に一気に計上することもあるため、この辺りは経営者の方針次第
  • オーナーは現場に出ない

それでは、上記の条件を私のプロフィット表に落とし込んでみます。ちなみに、食材ロスは1週間で約100キロ×4週間=400キロ、業務用ゴミ袋(200円)は一袋10キロまでなので余裕を持って200円×50枚=10,000円。産廃処理費は、一般ゴミと併せて30,000円見ています。※食材廃棄ロス分は原価に乗っているはずです

ミニストップFCモデル/仮想損益

売上高     15,000,000 (100%) ※すべて税抜計算
原価      10,500,000 (70%)


粗利益     4,500,000 (30%)
給与手当    1,300,000
福利厚生    48,000
採用広告費   40,000
通信費     12,000
販売促進費   20,000
消耗品費    30,000
修繕費(積立) 20,000 ※実際には計上されない数値
水道光熱費   300,000
新聞図書費   10,000
支払手数料   10,000
地代家賃    800,000
賃借料     0
産廃処理費   30,000
保険料(積立) 8,000 ※実際には計上されない数値
租税公課    0
減価償却費   123,611 ※計上されるが実際には減らない数値
雑費      10,000
施設管理費   12,000
ロイヤリティ  1,350,000


販売管理費   4,123,611 (27.5%)


営業利益    376,389 (2.5%)
支払利息    24,368


経常利益    352,021 (2.3%) ※あえてオーナー所得はここから引くようにします
オーナー所得  ???

きつい。利益率2.3%という非常に厳しい数値が算出されました。この期待値で「単月オーナ収入50万円」を達成するためには自ら現場に出るしかありません。あるいは、禁じ手の「償却前利益」で見て、利益率を3.2%まで上げた上で売上高25,000,000円を達成することで800,000円の利益を出せるかどうかですが現実的ではない。

ミニストップフランチャイズオーナー年収を暴いた。評判が悪い理由もわかった

確かに、「オーナーも現場に出ること前提」であればギリギリで単月収入50万円を達成できるかもしれません。しかし、内部留保が微々たるものになるので健全経営とは程遠いです。少々リスクのある経営をすれば、オーナー年収600万円は不可能ではないでしょう。

しかし、私はおすすめできません。利益率2.3%のビジネスはどう考えても腑に落ちず不可解な印象を受けます。厳しい言い方をすれば本部が「搾取しすぎ」だと感じます。これでは加盟店は消耗するだけでビジネスとしてのメリットが見出せません。結果的に、本部の印象が悪くなり評判も悪くなるという構図です。

ミニストップFCモデルで事業化は困難

当り前ですが、オーナーが現場に出なければ利益も出ないというようなビジネスは事業化できません事業化できない=期待値(利益率)が低いという解釈で構いません。このようなモデルは1店舗集中型の生業で終わり、というか終わらせた方が良い。複数店舗構えることに期待値は皆無です。

ただし、これはあくまでも私の分析による結果だということを忘れないでください。もし、本部から取り寄せた資料と私が打ち込んだ数値に乖離があれば、現状より期待値は高まる可能性もあります。※私は資料を見ながら数値を落とし込んでいるわけではありませんが、ある程度の自信はあります

もし、本気でミニストップFCモデルを検討しているのであれば、上記プロフィットにご自分で数値を落とし込んでみてください。資料には正確な数値が開示されているので、誰でもミニストップFCモデルの期待値を明らかにすることができます。

▽▽必読!資料請求の前に強力な武器を無料で入手しておいてください

フランチャイズで失敗しないために【儲かるFCモデル選定方法】
フランチャイズで失敗しないモデル選定の極意

フランチャイズで失敗しないために【儲かるFCモデル選定方法】 儲かるFCモデル選定をするため、つまりフランチャイズで失敗しないために最も重要なことは「仮想運営(期待値分析)をマスターすること」です。こ ...

続きを見る

▽▽ミニストップFCモデル資料をフランチャイズの窓口で無料請求してみる
【フランチャイズの窓口】

フランチャイズ起業するとき、多くの人は「有名だから」「儲かりそうだから」というような感覚値で行動しようとします。確かに、ネームバリューがあり店舗も増え続けているFCであれば上手くいくこともあります。

しかし、その一方で「広告が上手い」という理由だけで有名になってしまうFCモデルも存在します。つまり、全く儲からないにも関わらず、ブランディングや集客技術が高いことで加盟者が増加する現象が起きているのです。もちろん、加盟者は利益をあげることができず、結果的に苦しい生活を送ることになります。

フランチャイズ本部のキャッチコピーや収益モデルを鵜呑みにしてはいけない、ということです。そして、真実を解き明かすためには、自身で収益モデル分析を行えるようになる必要があります。開業前資金やイニシャルコスト、借入返済計画や損益計算書などを独自に作成できなければならないということです。

もちろん、本部が開示している数値を当て込むだけでは意味がないため、内外装工事における平均坪単価を調べたり、一般的な物件取得費用を理解したりする必要があるわけです。

もっと言えば、ランニングコストとなる「採用教育費」「広告宣伝費」「福利厚生」「通信費」「光熱費」「地代・家賃」「雑費」「租税公課」といった項目に適切な数値を入れることで、ようやく「本当に儲かるのかどうか」がわかるようになるのです。つまり、経験値から生まれる「プロの視点」が求められるということです。

ただ、そうは言っても多くの人は素人であるため、不可能な話です。そこで、私が代行してすべての数値を明らかにし、以下のページで「現実的に儲かる可能性の高いフランチャイズのみ」ランク付けしています。

「真実の数値」を解き明かし、その根拠を理解することでフランチャイズビジネスは成功するのです。

フランチャイズランキング

-コンビニフランチャイズ
-, , , , ,

Copyright© フランチャイズLABO:儲かる独立・開業タスク:副業・結婚相談所 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.