結婚相談所開業【成功するための必須タスク】

投稿日:

結婚相談所開業【成功するための必須タスク】

 

フランチャイズで独立する方法について知りたい結婚相談所を開業する方法について知りたい

結婚相談所を開業したいんだけど、どんな手順で進めればいいのだろう。フランチャイズと個人(自力)開業ではどちらが有利なのかな。結果的に結婚相談所を開業してどのくらい儲かるの?

今回は、このような疑問を解決します。

本記事の内容

  • 結婚相談所を開業する方法(手順)がわかる
  • 個人開業とフランチャイズ開業のメリットデメリットがわかる
  • 結婚相談所ビジネスモデルのポテンシャルが明確にわかる

この記事を書いている私のバックグラウンドは下記の「自己紹介」にて確認してみてください。一定の信頼性は担保されているはずです。

fc,フランチャイズ,儲かる,成功
管理人ごあいさつ

はじめまして。【フランチャイズLABO】を運営する河北大地(ハンドルネーム)と申します。2019年5月現在で40歳の男、妻と子供が2人の4人暮らしです。 私は地方で「飲食店ビジネス」を行っています。地 ...

続きを見る

結婚相談所を開業する方法

結婚相談所を開業する方法

アナログでいくかオンラインでいくか決める

まずは、アナログで開業するかオンラインで開業するかを決定します。

  1. アナログ開業:実際に店舗を構えて訪問型の結婚相談所を開業
  2. オンライン開業:インターネット上に店舗の代わりとなるホームページを作成して開業

もし、アナログを選ぶようでしたらFC企業広告が無いので個人開業(自力)が前提となります。

オンラインであれば、大手企業がフランチャイズ加盟店を募集しているので、『オンラインで個人開業するか』『オンラインでフランチャイズ開業するか』を選択できるようになります。

個人(自力)開業なのかフランチャイズ開業なのかを決断する

次に、個人の力のみで結婚相談所をやるのか、FC加盟店になってフランチャイズ開業するのかを決断します。とはいえ、そもそも個人開業とフランチャイズ開業の違い(メリットデメリットなど)がわからない人もいるはずなので下記で説明します。

店舗型で個人開業【メリット・デメリット】

メリット

  • 近隣の見込み客を集客しやすいので、基本的にオンラインよりも早く成果を得やすい
  • フランチャイズ加盟金や保証金を支払う必要がない
  • 本部にロイヤリティ(売上の数%)を収めなくても良いので売上はすべて個人のものになる

デメリット

  • ノウハウをゼロからすべて自分で構築しなければならない
  • 不動産仲介手数料・敷金6~10ヶ月分・礼金などがかかるのでイニシャルコストが高い。また、物件の内外装をリフォームする費用もかかる
  • 訪問接待になるので遠方の顧客を集客出来ない
  • 家賃があるためランニングコストが高い
  • 訪問接待があるのでオンラインに比べ光熱費が高い

オンラインで個人開業【メリット・デメリット】

メリット

  • フランチャイズ加盟金や保証金を支払う必要がない
  • 本部にロイヤリティ(売上の数%)を収めなくても良いので売上はすべて個人のものになる
  • ホームページが店舗代わりなので家賃はなく固定費が異常に安い、光熱費も通常の生活レベル
  • 全国の見込み客を狙えるので日本国内すべてを商圏にすることができる

デメリット

  • ノウハウをゼロからすべて自分で構築しなければならない
  • ホームページを自分で作らなくてはならない。もっと言えば、ただ作るだけでなく『SEO対策』を施した集客できるHP作成技術が必要になる
  • ブランディング『ゼロ』からスタートなので信頼を得るまでに時間がかかる ※長期戦覚悟
  • 軌道に乗れば御の字だが、初の売上発生まで半年以上かかる可能性あり

オンラインでフランチャイズ開業【メリット・デメリット】

メリット

  • ホームページが店舗代わりなので家賃はなく固定費が異常に安い、光熱費も通常の生活レベル
  • ホームページは本部が用意してくれる。もっと言えば、SEO対策ガチガチの集客に強いHPを実装してくれる
  • 全国の見込み客を狙えるので日本国内すべてを商圏にすることができる
  • 売上をあげるノウハウを教えてくれる
  • 加盟店同士で協力し合い、成婚率を高め合える ※報酬が上がる
  • 全面的にバックアップ・サポートしてくれる

デメリット

  • フランチャイズ加盟金や保証金を支払う必要がある ※企業によっては無い場合もあり
  • 本部にロイヤリティ(売上の数%・毎月)を収めなくてはならない

個人的には【オンラインで結婚相談所フランチャイズ開業がおすすめ】

というわけで、個人的にはオンライン結婚相談所FCに加盟することが圧倒的におすすめです。それぞれのメリット・デメリットを確認すれば一目瞭然ですね。

もちろん、自力で個人開業を目指してもOKですがその道のりは果てしなく険しいものだと理解しておくべきです。

どんな企業がFC加盟店を募集しているか確認する

あとは、BMフランチャイズフランチャイズの窓口で、どんな結婚相談所フランチャイズモデルがあるか確認するだけです。

気に入った収益モデルがあれば資料を請求して『開業までの流れ』をチェックします。

その後は、説明会がある日に都合をつけて参加し、事業詳細に納得がいけば改めて加盟金を支払い研修がスタートします。

そして、ようやく結婚相談所を開業できるといった流れです。

結婚相談所を開業したら本当に儲かるのか?ポテンシャル分析

結婚相談所を開業したら本当に儲かるのか?ポテンシャル分析

ここまでは、結婚相談所を開業するための手順について一般的な流れを説明しました。

しかし、そもそも結婚相談所ビジネスってどのくらい儲かるのでしょうか。

努力して開業したは良いが、結果的に儲からないモデルでは意味がありません。

ということで、次は下記のポイントについて解説します。

オンラインでフランチャイズならば儲かる可能性が高い理由

期待値の高い結婚相談所FCモデルの選び方

独自プロフィット(損益計算)ですべてを暴く

フランチャイズなら儲かる可能性(成功確率)は高い

あとで、詳しく解説しますが結婚相談所でフランチャイズ開業を狙えば儲かる可能性はかなり高いです。

そもそも、実店舗を構えないビジネスモデルは異常に利益率は高いのに販売管理費がほぼかからないという素晴らしい強みがあります。さらに、こういったモデルは基本的に毎月のロイヤリティが激安です。 ※月々16,000円など

さらに、実店舗がないためイニシャルコストで大きな支出になり得るのは加盟金くらいしかありません。

1店舗数千万かかる飲食店を経営している私に言わせれば、イージーすぎて逆に不安になってしまうようなフランチャイズモデルです。

期待値の高い結婚相談所FCモデルの選び方

とはいえ、結婚相談所にもいくつか種類があり、期待値の高いモデル選定なんてやったことがないしわからない。

このように思うのが普通ですが、下記の参照記事を読んでいただければすぐに理解できるようになります。請求した資料の数値を記事内のプロフィット(損益計算書)に入力するだけでFCモデルのポテンシャルが丸裸になるからです。

これを行えば、フランチャイズモデルの本当の期待値が明らかになるので選定すべきモデルも容易に見つけられるようになります。

プロフィットの例 ※IBJ 結婚相談所FCモデル

売上高     1,150,000 (100%) ※すべて税抜計算
経費(謎)   115,000 (10%) ※少額ですがどのような経費なのか問い合わせてみてください


粗利益     1,035,000 (90%)


給与手当    0
福利厚生    0
採用広告費   0
通信費     5,000
販売促進費   30,000 ※リスティング広告(PPC)などを使用する場合
消耗品費    0
修繕費(積立) 0
水道光熱費   0 ※自宅兼用なのでここではゼロ
新聞図書費   0
支払手数料   0
地代家賃    0
賃借料     0
産廃処理費   0
保険料(積立) 0
租税公課    0
減価償却費   0
雑費      10,000
施設管理費   0
ドメイン代   84
サーバー代   1,000
月会費     16,000


販売管理費   62,084 (5.4%)


営業利益    972,916 (84.6%)
支払利息    28,350


経常利益    944,566 (82.1%) ※オーナー所得はあえてここから引く
オーナー所得  ???

参照:IBJ 日本結婚相談所連盟の結婚相談所開業フランチャイズビジネスがヤバすぎる件。

独自プロフィット(損益計算)ですべてを暴く

上記参照記事のように、資料の数値をプロフィットに当て込んで本当の期待値を紐解くことが最も重要です。

FC本部は加盟店を増やしたいので、基本的にマイナス発言はしません。

酷いところでは、利益率を誇張して実際の数字と乖離させてでも囲い込もうとしたりします。

【自分の目で冷静かつ論理的に見極める】ことが大切ですね。

まとめ

このように、結婚相談所を開業する手順はそれほど難しくないと理解できたはずです。

ネックになるのは、『開業形態』でありここが運命の分かれ道です。

焦らずじっくり分析してから挑戦してみてください。

開業資金調達方法【10万円以上を無償で手に入れる方法も解説】

開業資金の調達方法について知りたい人 フランチャイズであれ、個人事業であれ開業するためには資金が必要になりますよね。次に、『開業資金の調達方法や種類を知りたい』『できる限り自分に有利な借り入れを行いた ...

続きを見る

フランチャイズ起業するとき、多くの人は「有名だから」「儲かりそうだから」というような感覚値で行動しようとします。確かに、ネームバリューがあり店舗も増え続けているFCであれば上手くいくこともあります。

しかし、その一方で「広告が上手い」という理由だけで有名になってしまうFCモデルも存在します。つまり、全く儲からないにも関わらず、ブランディングや集客技術が高いことで加盟者が増加する現象が起きているのです。もちろん、加盟者は利益をあげることができず、結果的に苦しい生活を送ることになります。

フランチャイズ本部のキャッチコピーや収益モデルを鵜呑みにしてはいけない、ということです。そして、真実を解き明かすためには、自身で収益モデル分析を行えるようになる必要があります。開業前資金やイニシャルコスト、借入返済計画や損益計算書などを独自に作成できなければならないということです。

もちろん、本部が開示している数値を当て込むだけでは意味がないため、内外装工事における平均坪単価を調べたり、一般的な物件取得費用を理解したりする必要があるわけです。

もっと言えば、ランニングコストとなる「採用教育費」「広告宣伝費」「福利厚生」「通信費」「光熱費」「地代・家賃」「雑費」「租税公課」といった項目に適切な数値を入れることで、ようやく「本当に儲かるのかどうか」がわかるようになるのです。つまり、経験値から生まれる「プロの視点」が求められるということです。

ただ、そうは言っても多くの人は素人であるため、不可能な話です。そこで、私が代行してすべての数値を明らかにし、以下のページで「現実的に儲かる可能性の高いフランチャイズのみ」ランク付けしています。

「真実の数値」を解き明かし、その根拠を理解することでフランチャイズビジネスは成功するのです。

フランチャイズランキング

-結婚相談所フランチャイズ
-

Copyright© フランチャイズLABO:儲かる独立・開業タスク:副業・結婚相談所 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.