フランチャイズは儲からない?【儲かる理由を具体的に教えます】

投稿日:

フランチャイズ,儲かる,fc

フランチャイズは儲からない?儲かる理由を解説

フランチャイズは儲かるのか?」と聞かれたとき、私なら「儲かります」と答えます。ただし、当たり前ですが適切なビジネスモデルを選定した上での話であり、FC加盟さえすれば何でもいいというわけではありません。

保証金や加盟金が低く、利回りの良いモデルを選ぶ必要があるということです。もっと言えば、世の中のタイムリーなニーズにマッチしたモデルを選定することが最も重要です。

情熱だけの独りよがりでフランチャイズオーナーになってしまえば悲惨な結末が待っているかもしれません。もし、将来的にFCチェーンで事業をはじめたいと考えるなら、ビジネスとして成り立つかどうかを冷静に分析してから独立してください。

FC加盟店になるってどういうこと?

そもそも、フランチャイズで儲かるかどうかを気にする前に、チェーンビジネスの仕組みについて学ぶ必要があります。FC事業、加盟側のメリット・デメリットを理解した上で開業しなければ危険です。

ここでは、まずデメリットから説明します。FC加盟は決して良いことばかりではありません。

フランチャイズ加盟店のデメリットについて

結論から言ってしまえば「縛り」と「ロイヤリティ」の存在がデメリットです。当たり前ですが、FC加盟すれば100%本部の意向を汲む義務が発生します。このことから、一切の自由が奪われると認識した上でチェーンに加盟したほうが良いです。

たとえオーナーの中で「こんなお店にしたい」「このような販促方法が効果的ではないか」と考えたところでほとんど無意味です。なぜなら、本部の縛り(規約)が厳しいので、言われるがままビジネスを行うしかないからです。

ただ、そうは言ってもFC本部もバカではありません。そもそも、儲かるビジネスモデルを構築できたからこそノウハウを提供しているわけです。※すべてのFCモデルが儲かるというわけではありませんが

つまり、本部の提示した数字通りの経営ができれば自然と利益が出る仕組みになっているというわけです。先に予算を組み、その範囲内で仕事をやり切れば利益は出ます。これは非常に大事なことなのでもう一度言います。

意地でも予算の範囲内で仕事を行ってください

一方で、店舗作りに対し並々ならぬ思いがあったり、自我の強い人はそもそもFCチェーンビジネスに向いていないと思います。フランチャイズビジネスは、生業ではなく「ビジネスです。とことん、数字を追いかける必要があります。職人思考では勝てません

もう一つのデメリットは「ロイヤリティの支払い義務」です。もともと知名度が高い看板をレンタルし、その上儲かる仕組みを譲渡(有料)するのだから毎月ロイヤリティを支払ってくださいね、という仕組みがフランチャイズの構造です。

ロイヤリティのパーセンテージは業種によって様々ですが、単月売上の4~5%ほどを毎月収めることが一般的です。もちろん、他にも営業利益の数%定額○○万円など多くのfcモデルが存在します。

例えば、私の知人経営者はある居酒屋チェーンに加盟していて、平均月商は税込み750万円ほどです。この売上の中から5%のロイヤリティを毎月本部に収めています。

  • 7,500,000円×5%=375,000円/月

実に単月375,000円を支払っていることになり、年間で考えれば450万円です。これだけ見ると、やはり高く感じてしまいますね。

次は、フランチャイズシステムのメリットについてです。順番に見ていきましょう。

fcオーナーになるメリットとは

それなりに知名度の高いFC加盟店舗になることができれば、はじめからブランディングはできています。つまり、最初から店舗にお客様がついているということです。

これは非常にメリットが大きく、一番の強みだと言えます。通常、何の後ろ盾もなしに個人起業すればお客様なんて一人も付いていないのが普通です。コツコツ営業して少しずつリピーターを獲得し、一期ごとに売上を10~20%ほど上げていくのが一般的です。

私の場合も、個人起業スタートだったので、初めのうちは平均月商が300万円ほどしかありませんでした。しかし、FCオーナーの辿る道は私と違います。何といっても、スタートダッシュが決まります。

FCの場合は、はじめからお客様が付いているため、開店月が最も忙しくなるのが一般的です。もっと言えば、オープン月の売上を超えられないのがFC店舗の特徴とさえ言われています。

本来、自分で一から行うべき集客やブランディングをする必要がないなんてとてもすごいことです。一番難しくて苦労するはずの上記重要事項をすべて本部が行ってくれるわけですから。これはとてつもない価値です。

また、見込み売上高も個人レベルとは格が違います。個人で開業したときの何倍もの売上や利益を見込めるモデルが沢山あります。

もちろん、FCモデルの中には非常にスモールなものもありますし、この辺りは経営者の好みで別れるところです。私の個人的な理想モデルは、「売上の分母は大したことはないが利益率が良い」というものですね。

忙しい割りに利益が残らないフランチャイズモデルでは、精神的にも肉体的にもかなり消耗します。私はどうしても好きになれない。たとえ、売上が少なくても多くの営業利益を見込めるFCに加盟した方が報われると思います。売上の分母より、利益率」を重視したほうが良いということです。

結局、フランチャイズは儲かるのか?

というわけで、結論を述べてしまえば「儲かるフランチャイズの加盟店舗になりましょう」ということです。もともと、チェーンビジネスは適切なFCモデル選定さえできれば成功率の高いものなんです。すでに儲かる仕組みは確率され、その成果も実証できているわけですから。

ちなみに、居酒屋チェーンを経営している彼は単月約370,000円というロイヤリティを支払いながらも、月間営業利益1,200,000円以上を達成しています。これは、まさにFCモデル選定に成功した事例ですね。

▽▽彼は居酒屋モデルを以下のBMフランチャイズで見つけました
【BMフランチャイズ】

もちろん、本部が主催する説明会や研修に意欲的に参加することも大切です。この辺りをきちんと行えば、はじめから勝ち戦にすることだって可能なんですよ。

それでは、なぜフランチャイズビジネスで失敗するFCオーナーが多く存在するのでしょうか。それは、初めから負け戦に挑んでいることが原因です。

モデル選定が甘すぎる。

もっとビジネス思考になりましょう

フランチャイズオーナーとして加盟店舗になるということは、少なくとも個人事業主になるわけです。規模は小さいかもしれませんが、あなたは経営者になります。「この業種をやりたいんだ!」というような情熱だけでは間違いなく失敗します。

  • 出店計画だけではなく単月の数字や年間事業計画などは立てていますか?
  • 利益(数字)から逆算して自分の収入予測などは把握していますか?
  • 本当にその計画で利益出るんですか?

たまに、「やってみなければわからないし、計画なんて無意味」という人もいますが無視してください。何の計画もない無計画な出店と、可能な限り戦略を練った出店とではどちらが有利だと思うでしょうか。言うまでもなく後者ですね。こんなことは子供でもわかります。

結局なにが言いたいのかというと、FCチェーンビジネスで成功を目指すならば、

儲かるFCモデルを数字から見極める必要がある

  • 儲かるフランチャイズモデルとはどんなものか。
  • 逆に儲かりそうもないFCモデルの特徴とはどんなものか。
  • 加盟金や保証金は適切な金額か?
  • 原価率が低くて高い粗利を狙えるモデルは?
  • 人件費が低いモデルはある?
  • 結局イニシャルコスト(初期投資額)はどのくらい?
  • 営業利益はどれだけ見込める?
  • 経常利益はそれなりに取れそう?
  • 投資金を何年で回収できそう?
  • リスクを負ってやる価値は本当にある?

FC加盟する前にこれらのことを「自分で」勉強してください。失敗するフランチャイズオーナーの多くは、スタートする段階でこのような努力を怠っています。どうせ本部がすべて教えてくれるんだろ?というような安易な考えを持った人達のことです。

そもそも、このような思考ではビジネス自体に不向きです。「お金を払うのだから成功させてくれるんでしょ?」という姿勢では間違いなく失敗します。

まずは、玉石混合のフランチャイズモデルについて、徹底的にリサーチする必要があるのです。といっても、難しいことではありません。

「フランチャイズの窓口」と「BMフランチャイズ」の両方に登録して気になるモデルを見つけ次第、片っ端から資料請求してみればいいんです。

そして、以下の表に数字を当て込んでみてください。

売上高     7,000,000 (100%) ※税抜計算、以下同様
原価      1,610,000 (23%)


粗利益     5,390,000 (77%)
給与手当    1,960,000
福利厚生    150,000
採用広告費   80,000
通信費     10,000
販売促進費   30,000
消耗品費    70,000
修繕費     20,000(積立)
水道光熱費   250,000
新聞図書費   10,000
支払手数料   10,000
地代家賃    480,000
賃借料     0
産廃処理費   18,000
保険料     8,000(積立)
租税公課    0
減価償却費   150,000
雑費      10,000
施設管理費   12,000
ロイヤリティ  0


営業利益    2,120,000
支払利息    95,000


経常利益    2,025,000 ※あえてオーナー所得はここから引くようにします
オーナー所得  ?????

ちなみに、この表は私が経営する飲食店の12月の損益です。自分で言うのもなんですが、半端ではない利益が出ています。ロイヤリティがが「0」なのは、FCではなく直営店だからです。仮に、売上高に対し5%のロイヤリティが課せられても利益は1,670,000円以上残ります

つまり、モデルがきちんとしたもので売上さえ立てば「直営店でもFC店でも儲かる」ということです。

資料には、FCモデルの数字がすべて記載されています。どんな仕組みで成り立っているのか丸裸にすることができるということです。

調べてみればわかりますが、今の私から見ても非常に魅力的なビジネスモデルってたくさんあるんですね。私はFCではなく、個人起業(現在は法人)してしまったため、何故はじめにきちんと調べなかったのか少し後悔しているところもあります。

効率的に儲かるモデルを見つけたり、数字の勉強をするためには必ずフランチャイズの窓口とBMフランチャイズの両方に登録して資料請求を行うべきですどちらか片方だけでは、有用な案件情報を取りこぼしてしまう可能性もありますし、数字の勉強も捗らないかもしれません。

実際、私はフランチャイズの窓口で儲かるモデルを3件、BMフランチャイズで2件見つけてストックしています。情報の機会損失はもったいないです。

というわけで、儲かるフランチャイズモデルで起業するためには、焦らずリサーチからはじめることが大切です。資料請求は無料でいくらでも行うことができるので、やらない理由はありません。これさえも面倒くさい、と思うようであればFC起業はしないほうがいいでしょう。

フランチャイズの窓口について詳しく見る

BMフランチャイズについて詳しく見る

フランチャイズ起業するとき、多くの人は「有名だから」「儲かりそうだから」というような感覚値で行動しようとします。確かに、ネームバリューがあり店舗も増え続けているFCであれば上手くいくこともあります。

しかし、その一方で「広告が上手い」という理由だけで有名になってしまうFCモデルも存在します。つまり、全く儲からないにも関わらず、ブランディングや集客技術が高いことで加盟者が増加する現象が起きているのです。もちろん、加盟者は利益をあげることができず、結果的に苦しい生活を送ることになります。

フランチャイズ本部のキャッチコピーや収益モデルを鵜呑みにしてはいけない、ということです。そして、真実を解き明かすためには、自身で収益モデル分析を行えるようになる必要があります。開業前資金やイニシャルコスト、借入返済計画や損益計算書などを独自に作成できなければならないということです。

もちろん、本部が開示している数値を当て込むだけでは意味がないため、内外装工事における平均坪単価を調べたり、一般的な物件取得費用を理解したりする必要があるわけです。

もっと言えば、ランニングコストとなる「採用教育費」「広告宣伝費」「福利厚生」「通信費」「光熱費」「地代・家賃」「雑費」「租税公課」といった項目に適切な数値を入れることで、ようやく「本当に儲かるのかどうか」がわかるようになるのです。つまり、経験値から生まれる「プロの視点」が求められるということです。

ただ、そうは言っても多くの人は素人であるため、不可能な話です。そこで、私が代行してすべての数値を明らかにし、以下のページで「現実的に儲かる可能性の高いフランチャイズのみ」ランク付けしています。

「真実の数値」を解き明かし、その根拠を理解することでフランチャイズビジネスは成功するのです。

フランチャイズランキング

-開業・独立コラム
-, , ,

Copyright© フランチャイズLABO:儲かる独立・開業タスク:副業・結婚相談所 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.