【根拠あり】おすすめフランチャイズランキング:儲かる理由

【根拠あり】おすすめフランチャイズランキング:儲かる理由

フランチャイズ起業するとき、単純に人気モデルを選ぶだけでは間違いなく失敗します。世の中には「儲からないモデル」にも関わらず、ネームバリューだけで人気を博している残念なモデルが多いからです。

では、どのようにして「儲かるモデル」「儲からないモデル」を見極めれば良いのでしょうか。それは、自身で「収益分析」を行うことです。本部が開示している収益モデルを信じるのではなく、開業前資金・イニシャルコスト・借入返済計画・プロフィットなどを正確に算出すれば良いのです。

ただ、多くの人は「よく分からない」という理由でこの作業を行いません。しかし、これが成否を分ける最も重要な作業であるため、結果的に地獄の苦しみを味わうことになるのです。

そこで、私がそれらすべてを代行します。

フランチャイズモデル選びの注意点

素人が失敗する例として、「売上分母」「利益率」「年間利回り」「回収期間」などをそれぞれ「点」で見ていることがあげられます。「売上1000万円!」「利益率30%!」というようなキャッチに素直に「すごい・・」と感じてしまうからです。しかし、本当はそうではありません。

例えば、下記のような事例は山ほどあります。

  • 売上1000万円! ⇒ 原価・販売管理費が異常に高く、利益が全く残らない
  • 利益率30%以上! ⇒ 確かに30%以上だが、売上分母が小さすぎて利益が残らない
  • 年間利回り200%以上! ⇒ イニシャルコストが極端に小さいだけであり、利益に直結するわけではない
  • 回収期間6ヵ月! ⇒ こちらもイニシャルコストが小さいだけであり、利益に直結しているわけではない

こうしたことは頻繁に起こっています。つまり、それぞれの項目を点で見るのではなく、「線」で考えなければならないということです。これができて、ようやく儲かるフランチャイズモデルを選定できるようになるのです。

また、たとえ優秀なFCモデルであったとしても、イニシャルコストが数千万円もかかる場合はお勧めできません。100%成功するビジネスは存在しないため、万が一失敗したときに再起不能に陥ってしまうからです。そのため、できる限り少ない投資で大きなリターンが狙えるモデルを探すべきなのです。※イニシャルコストが大きくても明らかに収益性が高い場合はその限りではありません

これらのことを踏まえ、机上の空論ではなく現実に近い数値を明らかにした上で「部門別」にランキング付けしています。詳細についてはレビューページで「かなり具体的に」解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

【宅配弁当部門】1位:まごころ弁当

時代の恩恵を傍受:高齢者向け宅配弁当サービス

【宅配弁当部門】1位:まごころ弁当

まごころ弁当フランチャイズの収益モデルは非常にポテンシャルが高いです。イニシャルコストを小さく抑えつつ大きな利益を見込むことができます。例えば、以下はまごころ弁当フランチャイズの総イニシャルコストです。

イニシャルコスト(初期投資額)

  • 加盟金:0円
  • 保証金:0円
  • 研修費:0円
  • 物件取得費用/1ヵ月:80,000円 ※本部想定家賃8万円のため
  • 敷金/家賃80,000円×6ヵ月=480,000円
  • 工事期間/空家賃1ヵ月=80,000円
  • 設備費用:500,000円
  • 運転資金:300,000円
  • 合計:1,472,000円/イニシャルコスト ※税抜

上記の通り、1,472,000円で開業することができます。また、収益モデルの分析結果は次の通りです。

収益モデル分析
【配達4名・盛付1名雇用:6,000,000円/推定売上】

  • 利益率:28.1%
  • 原価率:41.1%
  • 年間利回り:1364%
  • 回収期間:0.9ヶ月
  • 推定オーナー年収:14,050,688円

これらデータは机上の空論ではありません。「返済計画」「減価償却値」なども含め、私が独自プロフィットで算出した数字だからです。なお、「数字の根拠」を知りたい人は詳細レビューページをご覧ください。

>>詳細レビューページはこちら
>>まごころ弁当フランチャイズの資料請求はこちら

【リユース部門】1位:おたからや

将来的には2兆円市場:リユースビジネス

【リユース部門】1位:おたからや

リユース部門1位のおたからやフランチャイズです。買取・販売といったリユース市場は拡大の一途を辿っています。作業そのものは、「買い取って売るだけ」であり、言ってしまえば商品を右から左へ流すお仕事です。最も利益率の高い「仲介ビジネス」に類似しているとも言えます。

何かを生産して売るという労働コストは必要ないため、どれだけ売上が大きくなっても人件費は変わらない、という強みを持っています。そのため、「売上分母は大きい⇒販売管理費は小さい⇒利益は大きい」といったリユースならではの現象が起こります。

なお、下記はおたからやフランチャイズのイニシャルコストです。

イニシャルコスト(初期投資額)
※シルバープラン

  • 加盟金:2,400,000円
  • 開業セット:620,000円
  • 研修費(2名分):1,000,000円
  • 物件取得費用/1ヵ月:150,000円
  • 敷金/家賃150,000円×10ヵ月=1,500,000円
  • 工事期間/空家賃1ヵ月=150,000円
  • 内外装費:1,000,000円
  • 運転資金:1,000,000円
  • 合計:6,820,000円/イニシャルコスト

このように、約700万円ほどの初期投資は必要になります。決して安いとまでは言えませんが、下記収益モデルを見れば十分に価値はあることがわかります。

収益モデル分析
【シルバープラン:6,000,000円/推定売上高】

  • 原価率(仕入れ値)64%
  • 粗利益率:36%
  • 利益率:20%
  • 年間利回り:300%
  • 回収期間:4ヶ月
  • 推定オーナー年収:14,337,187円
>>詳細レビューページはこちら
>>おたからやフランチャイズの資料請求はこちら

【ハウスクリーニング部門】1位:おそうじ本舗

粗利率95%以上の珍しいモデル

【ハウスクリーニング部門】1位:おそうじ本舗

おそうじ本舗フランチャイズは、「小さく売って大きく稼ぐ」を実現化した珍しいFCモデルだと言えます。

例えば、100~200万円程度しか売れないスモールビジネスの場合、通常なら原価を必要としない「広告業界」くらいしか儲かりません。特に店舗型で在庫を抱え、かつ生産などによる労働コストが必要になるモデルでは成り立たないのです。

しかし、おそうじ本舗フランチャイズに至っては「無いに等しい5%未満の原料費」のお陰で、効率よく利益をあげられる仕組みが完成しています。粗利率95%以上など滅多にないケースであり、人時生産性が極めて高いモデルだと言えるでしょう。

また、加盟パターンは2つ用意されており、「無店舗型」「有店舗型」から選ぶことができます。下記は参考までに「有店舗型」イニシャルコストの内訳になります。

イニシャルコスト(初期投資額)
※有店舗型

  • 加盟金:200,000円
  • 保証金:200,000円
  • 研修費:440,000円
  • 機材費:1,550,000円
  • システム導入費:150,000円
  • 諸経費:30,000円
  • 開業支援チケット:50,000円
  • 物件取得費用/1ヵ月:80,000円
  • 敷金/家賃80,000円×6ヵ月=480,000円
  • 工事・準備期間/空家賃1ヵ月=80,000円
  • 内外装工事費:300,000円
  • 運転資金:500,000円
  • 合計:4,060,000円/イニシャルコスト(税抜)

なお、場合によっては「内外装工事費」が100万円ほどに膨らむこともあるでしょう。それでも、約500万円ほどのイニシャルコストで有店舗型を開業することができます。こうした初期投資額の高低については、下記収益モデルを確認してから判断するようにしてください。

収益モデル分析
【有店舗型:2,075,051円/推定売上高】

  • 原価率(仕入れ値)4.9%
  • 粗利益率:95.1%
  • 利益率:49.3%
  • 年間利回り:288%
  • 回収期間:4.2ヶ月
  • 推定オーナー年収:8,173,653円
>>詳細レビューページはこちら
>>おそうじ本舗フランチャイズの資料請求はこちら

【結婚相談所部門】1位:IBJ日本結婚相談所連盟

ローリスク・ハイリターン「ストック型ビジネス」

【結婚相談所部門】1位:IBJ日本結婚相談所連盟

結婚したい人同士を成婚へ導く結婚相談所ビジネスです。集客や作業はすべてPCで行うため、ネット環境さえ整っていれば自宅で開業することができます。テナントを賃貸したり材料を仕入れたりしないため、ランニングコストを極限まで抑えることが可能です。

また、このモデルの本質は「情報仲介ビジネス」であり、言わば空気に価値を与えお金に変えるようなビジネスです。そのため、利益率は非常に高くなり、ローリスク・ハイリターンを実現できる希少なモデルだと言えます。

イニシャルコスト(初期投資額)

  • 加盟金:1,500,000円
  • 運転資金:500,000円
  • 合計:2,000,000円/イニシャルコスト

加盟金150万円は必要になるものの、いわゆるロイヤリティーなどは存在しません。どれだけ売上が大きくなっても、定額16,000円の月会費を支払うだけで良いため、ランニングコストを小さくすることが可能です。

収益モデル分析
【専業・中規模運営:1,150,000円/推定売上高】

  • 利益率:80%
  • 年間利回り:540%
  • 回収期間:2.2ヶ月
  • 推定オーナー年収:7,728,000円

なお、一つ上のプラン【法人クラス:4,320,000円/粗利益/月】を選択すれば、収益はさらに増大します。

>>詳細レビューページはこちら
>>IBJ結婚相談所連盟の公式サイトはこちら

投稿日:

Copyright© フランチャイズLABO:儲かる独立・開業タスク:副業・結婚相談所 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.