おたからやの評判が悪い:イメージと現実の乖離が引き起こす事象

おたからや:評判が悪い理由①

「おたからやの評判が悪い」と気になる人は、ネガティブコメントを意識し過ぎている可能性が高いです。なぜなら、実際には「8:2」の割合でおたからやは高評価を得ており、悪い評判など微々たるものだからです。

根拠として、Googleマップに寄せられたリアルな評価をもとに解説していきます。

この記事で理解できること

  • おたからやの評判が悪い理由がわかる
  • イメージと現実評価が乖離する意味がわかる
  • おたからやの真の評価を確認できる
  • 評判と店舗数の関係を知れる
  • どうしても気になるときの対処法がわかる

執筆:フランチャイズLABO
執筆者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円以上・従業員数120人以上

おたからやの評判が悪い理由

おたからや:評判が悪い理由②

おたからやの評判が悪いと誤解される理由として、悪い口コミばかりが目立つネットの特性や人間の性があげられます。

ネガティブコメントは目立つ

例えば、「良かった!」という評価と「最悪だった!」というレビューでは、どちらが印象に残るでしょうか。おそらく、多くの人は後者であり、「どんなことが起きたのか」と調べたくなるはずです。

つまり、良いレビューより悪いコメントのほうがインパクトがあり、それに過剰反応するのが人間の性でもあります。こうした背景から、実際には9割が好意的であっても、僅か1割の不評を過度に掬い取ってしまう事象が起こります。

悪評は人から人へ伝染する

悪評は拡散力が強く、人から人へ伝染していきます。実際におたからやのサービス(買取)を受けたことがない人であっても、自身のことのように受け止めてしまうところが風評の怖さです。

悪評はやがてイメージとして定着し、店舗に実害を引き起こすことも珍しくありません。では、実際のところおたからやの評判は本当に悪いのでしょうか。また、それを正しく調査する術はあるのでしょうか。

実際の評判はどうなのか

ここで、Googleマップでのユーザー評価を参考に分析してみます。レビューは実際におたからやを利用した人の意見であり、星評価も同様です。これは、100%完璧な調査方法ではないものの、現状では最も信頼できる評判だと言えるはずです。

ただ、調査対象は一部の地域・店舗に留まっているため、後ほど良い評判・悪い評判の「平均値」を出してみます。ただし、これも感覚値になってしまうことをご了承ください。

※下記は、無作為に選んだ「静岡県にある、おたからやの一部店舗の評価」です

利用ユーザーの評判

基本的に、「青色背景は良い口コミ」「赤色は悪い口コミ」です。

ユーザー平均評価:星4.6

店内もとても綺麗で、スタッフさんの対応も丁寧で、気持ちが良かったです。初めて静岡に来ましたが、また機会があれば、利用させて頂こうかなと思います!

とても親切ご丁寧な対応で、ご提示いただいた金額も満足いくものでした( ) ありがとうございました☆

丁寧に対応していただけて満足のいく金額で買取していただきました(^^) ありがとうございます。

今日初めて来店してみたが、対応して下さった方もとても良い感じで、安心してお願いできた。

担当者の方がとても分かりやすい説明で、色々頑張ってくださり、とても良かったです。

店内はきれいで店員さんも親切な方でよかった。

店長の阿部さん。接客はとても丁寧で、信用できる方です。ありがとうございました。これからもお付き合いさせた頂きたいと思います。

買い取りの経験がないので良いのか悪いのか判断が難しいところです。

とても感じのいい店長さん山井さん。 市場でわ、今一だと思われる切手でしたが何とか値をつけてくれました有難うございました

特にありません。

申し訳ございません。接客して下さったスタッフ、川上さんって方丁寧な接客でめちゃく茶イケメン。シャネルのジャケットでしたがぼろぼろで変色あり!ちょっと無理かなと思いました。しかし査定の結果、納得のいく金額で買い取っていただきました。ありがとうございました。

広告を見て、破損した指輪を持って来ました。丁寧に説明して頂きました。不用品など、色々買い取ると、わかりやすいカタログも見せてもらいました。また、何かあれば、近くなので、来たいと思います

とても感じのよいスタッフさんで、緊張してましたが、楽しく会話していただきよかったです。

すごく良心的でよかったです。頑張ってくださいました!また機会があれば利用したいと思いました

良い口コミ・悪い口コミの割合は?

このように、良い評判・悪い評判共に混在しているものの、おたからやの評判が悪いと裏付ける根拠はありません。むしろ、下記のような割合であり、評価は上々といったところではないでしょうか。

ユーザー評価の割合

  • 良い評判 = 8割以上
  • 悪い評判 = 2割弱

上記割合は静岡県内の店舗だけでなく、いくつかの地域で検証しいるため概ね平均値だと言えます。こうしたことから、一個人のレビューに惑わされることなく、正しい評判を自身で調査することも大切になります。

おたからやの評判が悪い=店舗は増えない

おたからや:評判が悪い理由③

もし、本当におたからやの評判が悪いなら利用者は減少するはずです。そうなれば、おたからやFCビジネスそのものが崩壊し、フランチャイジー(加盟店)は次第に減っていくのが普通です。

では、実際のところ店舗数の推移はどのようになっているのでしょうか。

出店数は右肩上がり

私は、2016年6月に初めておたからやFCの記事を書いたのですが、その時点で既に500店舗ありました。

それが、2021年1月には【700店舗】を超えています。さらに、本部に直接確認したところ「160人待ち(160店舗準備中)」という驚愕する事実が発覚しました。俄には信じがたい勢いですが、下記資料を見れば本当だとわかるはずです。

おたからや:出店予定店舗一覧

急ピッチで店舗数が増えている➡需要が増えている➡評判が良いから、という背景があるためです。

望まない結果(金額)になっただけ

結局のところ、おたからやを評価できる箇所は次の2つしかありません。

  1. 接客サービス
  2. 買取価格

そして、売り手にとって最も重要になるのは「買取価格」です。どれだけ接客が良くても想像以下の買取金額になれば不満を抱くからです。この感覚が少々厄介です。

例えば、妄想で「これは10万円以上になるのでは?」と期待感を胸に来店したものの、「5万円」と言われれば残念な気持ちになるでしょう。これがそのまま評価に反映されることは多いです。

つまり、買取店の悪評はそれほど参考にならないということです。

どうしても悪評が気になる人

それでも、「おたからやの悪評が気になる」という人は、無理して依頼することもありません。疑念を抱きつつ出向いても良いことはないからです。この場合は、潔く別業者を検討してみるべきです。

例えば、「バイセル」に買取りを依頼すれば下記メリットを得ることができます。

バイセルのメリット

  • 基本的に買取価格が高い
  • 出張査定無料
  • 宅配査定無料
  • 持ち込み査定OK
  • 出張・宅配査定を申し込んでも買取価格を減らされることはない

そして、バイセルで買取り対応できる品目は非常に多く、我々の生活に関わる品すべてが買取対象となります。

※以下、一例です

骨董品・陶磁器・瀬戸物・茶器・仏像・遺品・着物・洋服・ジーンズ・サングラス・小物・ブランドスーツ・古銭・記念硬貨・古紙幣・金・指輪・ネックレス・時計・ダイヤモンド・酒類・毛皮・バッグ・葉書・切符・ハガキ・年賀状・切手etc...

気になる場合は、無料査定に申し込んでみてください。おそらく、高い満足感を得られるはずです。

>>バイセルで無料査定してみる

おたからやの評判が悪いわけではない

記事のポイントをまとめます。

悪評は良評より記憶に残る(インパクトが強い)

  • 記憶はそのままイメージとして定着する
  • 悪評は人から人へ伝染する

おたからやの評判が悪い=事実ではない
※むしろ、8:2の割合で高評価が多い

一個人のレビューに惑わされてはいけない
※正しい評判を自身で調査することが大切

評判が悪ければ店舗数は増えない

  • 実際には破竹の勢いで増えている
  • 需要が高まっている=一定の高評価を得ている証

不満の種は、理想と現実の乖離から生まれているだけ
※思っていたより買取価格が安かったなど

▽▽どうしても気になるなら「バイセル」に依頼すればいい

>>バイセルで無料査定してみる

 

 

フランチャイズ起業するとき、多くの人は「有名だから」「儲かりそうだから」というような感覚値で行動しようとします。確かに、ネームバリューがあり店舗も増え続けているFCであれば上手くいくこともあります。

しかし、その一方で「広告が上手い」という理由だけで有名になってしまうFCモデルも存在します。つまり、全く儲からないにも関わらず、ブランディングや集客技術が高いことで加盟者が増加する現象が起きているのです。もちろん、加盟者は利益をあげることができず、結果的に苦しい生活を送ることになります。

フランチャイズ本部のキャッチコピーや収益モデルを鵜呑みにしてはいけない、ということです。そして、真実を解き明かすためには、自身で収益モデル分析を行えるようになる必要があります。開業前資金やイニシャルコスト、借入返済計画や損益計算書などを独自に作成できなければならないということです。

もちろん、本部が開示している数値を当て込むだけでは意味がないため、内外装工事における平均坪単価を調べたり、一般的な物件取得費用を理解したりする必要があるわけです。

もっと言えば、ランニングコストとなる「採用教育費」「広告宣伝費」「福利厚生」「通信費」「光熱費」「地代・家賃」「雑費」「租税公課」といった項目に適切な数値を入れることで、ようやく「本当に儲かるのかどうか」がわかるようになるのです。つまり、経験値から生まれる「プロの視点」が求められるということです。

ただ、そうは言っても多くの人は素人であるため、不可能な話です。そこで、私が代行してすべての数値を明らかにし、「現実的に儲かる可能性の高いFCモデルのみ」部門別、かつランキング形式で掲載しています。「真実の数値」を解き明かし、その根拠を理解することでフランチャイズビジネスは成功します。

総合部門:FCランキング

飲食店部門:FCランキング

個別指導塾部門:FCランキング

ハウスクリーニング・リペア部門

© 2021 フランチャイズLABO:儲かる加盟・開業・広告・結婚相談所 Powered by AFFINGER5