必ず儲かるフランチャイズ:儲かる可能性の高いFCモデル一覧

必ず儲かるフランチャイズ

残念ながら、必ず儲かるフランチャイズは存在しません。成功保証付きのフランチャイズビジネスなどあり得ないからです。ただ、「儲かる可能性の高いFCモデル」は確かにあるため、詳しく解説します。

この記事で理解できること

  • 儲かる可能性の高いFCモデルがわかる
  • 失敗リスクの低いFC起業方法がわかる
  • 小さく売って、大きく儲けるFCモデルがわかる
  • 加盟してはいけないフランチャイズモデルがわかる

執筆:フランチャイズLABO
執筆者経歴:元飲食店経営者・最大4店舗運営・年商2億5000万円以上・従業員数120人以上

必ず儲かるフランチャイズ=失敗リスクの低いFCモデル

必ず儲かるフランチャイズとは

「成功率の高いフランチャイズを選ぶ」ということは、「失敗リスクの低いモデルを選ぶ」ことと同義です。失敗リスクが低い=儲かるではないものの、表裏一体の関係にあるため重要視すべきです。

では、失敗リスクの低いFCモデルとはどのようなものでしょうか。

※とにかく儲かるフランチャイズを教えてほしい、という人は次の目次まで飛んでください(ページ内スクロール)

>>目次:必ず儲かるフランチャイズ

イニシャルコストが低いFCモデル

まずはイニシャルコスト(初期投資額)が低いFCモデルがあげられます。こうしたモデル選定を行うだけでも、【儲かるフランチャイズ起業】を実現する可能性が高まるためです。

例えば、イニシャルコストには次のようなものが挙げられます。

イニシャルコスト:例

  • 加盟金
  • 保証金
  • 開業準備金
  • 開業支援金(FCによる)
  • 研修費
  • 不動産取得費用(空家賃込み)
  • 内外装費

このようなコストが低ければ低いほど下記のようなメリットが得られます。

  • 借入金が減る=破産リスクの低減
  • 支払い金利が減る=単月利益の増加
  • 減価償却費が減る=単月利益の増加
  • 回収期間が早くなる=儲かる可能性向上

上記のように、イニシャルコストが低いだけでも大きなアドバンテージを得ることができます。ただ、これだけでは足りません。

固定費も低いほうが良い

次に重要なことは、月々の固定費が少ないモデルを選ぶことです。これをミスすると、日々の業務を圧迫し兼ねません。それなりに大きな売上高が必要になってしまうからです。

例えば、FCビジネスの固定費には、次のようなものがあります。

固定費:例

  • 家賃
  • ロイヤリティ(変動するが固定経費でもある)
  • システム利用料
  • etc...

ここで、次のように仮定して考えてみます。

固定費:例

  • 家賃:800,000円
  • ロイヤリティ(変動するが固定経費でもある):5%
  • システム利用料:30,000円

この時点で、ゆとりをもった経営をするためには、約8,000,000~8,500,000円ほどの売上が必要になるとわかります。家賃を売上げの10%以内に抑えることが基本だからです。※FLコストの概念は省き、固定費のみにスポットを当てています

これができれば問題ありません。ただ、もし売上高が想定を大きく下回ってしまった場合はどうなるでしょうか。売上が減っても固定費は変わりません。そうなれば、一瞬にして地獄の経営になってしまうでしょう。

こうしたことから、家賃・ロイヤリティ・システム利用料などは可能な限り低いほうが良いと言えます。

そして、変動費の中でも抑えるべき項目があります。

少人数モデル=人件費の削減

「人件費」は販売管理費の中でも大きな割合を占めます。これを抑えることが重要になるため、「少人数で回せるモデル」が望ましいです。人件費を少なくできれば、自然とランニングコストも大きく下がるからです。

例えば、正社員ひとりを雇用するだけでも月間250,000~300,000円以上の費用がかかります。パート・アルバイトであってもそれなりに人件費は必要になるわけです。

つまり、日々の業務を「何人体制で回せるか」がポイントであり、少ないほど人件費は膨らみません。また、人が多く必要になるモデルは人的リスクも高まります。

  • 従業員は簡単に解雇できない(パート・アルバイトであっても)
  • 急遽出社できない(急用・子供の熱など)=業務が回らない
  • 突然の退社=業務が回らない

上記のようなリスクを回避するためにも、少人数モデルが良いです。

売上高は少ないが利益は多く残る

これまで述べたことを踏まえると、結局のところ「利益率の高いフランチャイズモデルが望ましい」ということです。最小限の労力で利益を最大化できるようなものです。

例えば次の2つのうち、どちらのビジネスを行いたいでしょうか。

  1. 10,000,000円/売上高⇒1,000,000円/単月利益
  2. 10,000,00円/売上高⇒500,000円/単月利益

私であれば、圧倒的に「2」です。「1」は売上こそ多いものの利益は少なく、「忙しい割にそれほどお金は残らない」ためです。一方、「2」であれば100万円程度の労力で50万円も残ります。利益効率としては十分であり、これが最も儲かるフランチャイズモデルの選び方です。

ただ、「儲かる」という価値観は人それぞれです。儲かると感じる金額や規模感が異なるという意味です。そこで、2つのケースに分けて考えてみます。

生業か事業か

生業なら小規模展開で単月70~100万円ほど利益を得られれば儲かると言えるでしょう。一方で、事業として多店舗展開を視野に入れ、大きく儲けたい人もいるはずです。この場合は、人を雇い規模感を大きくする必要があります。当然、その分のリスクは高まりますが避けては通れない道です。

つまり、一言で「儲かる」と言っても目的次第で行うべきビジネスサイズは異なります。これに合わせたFCモデル選定が重要になるということです。簡単に言えば、小さく「生業」でいくか、大きく「事業」とするか決めることが大切です。

ただ、いずれにしても、小さい投資で大きく稼げるモデルが良いことは変わりません。

必ず儲かるフランチャイズ

必ず儲かるフランチャイズ

これらを踏まえ、私が厳選したフランチャイズモデルを紹介します。どれを見てもリスクは低く、ポテンシャルは素晴らしいです。リスクの低いFCモデルでもある。ただ、FCモデルの詳細についてはすでに別ページでレビューしているため、リンク先で確認するようにしてください。

なお、中にはレビュー記事こそないものの、私が分析して儲かる可能性の高いFCも掲載しておきます。もし、気になるFCがあれば片っ端から資料を請求してみてください。資料がなければ適切な数字分析ができないためです。

※簡単な数字を打ち込むだけで、推定オーナー年収までわかる【儲かるFC発見シート】を無料配布しています。ぜひ、手に入れてください。

>>儲かるFC発見シート請求フォーム

なお、下記ページでもランキング形式でFCモデルを詳しく解説しています。

それでは、いきます。

まごころ弁当【宅配弁当部門】

時代の恩恵を傍受:高齢者向け宅配弁当サービス

必ず儲かるフランチャイズ:まごころ弁当

イニシャルコスト(初期投資額)

  • 加盟金:0円
  • 保証金:0円
  • 研修費:0円
  • 物件取得費用/1ヵ月:80,000円 ※本部想定家賃8万円のため
  • 敷金/家賃80,000円×6ヵ月=480,000円
  • 工事期間/空家賃1ヵ月=80,000円
  • 設備費用:500,000円
  • 運転資金:300,000円
  • 合計:1,472,000円/イニシャルコスト ※税抜

収益モデル分析
【配達4名・盛付1名雇用:6,000,000円/推定売上】

  • 利益率:28.1%
  • 原価率:41.1%
  • 年間利回り:1364%
  • 回収期間:0.9ヶ月
  • 推定オーナー年収:14,050,688円

 

おたからや【リユース部門】

将来的には2兆円市場:リユースビジネス

必ず儲かるフランチャイズ:おたからや

イニシャルコスト(初期投資額)

※シルバープラン

  • 加盟金:2,400,000円
  • 開業セット:620,000円
  • 研修費(2名分):1,000,000円
  • 物件取得費用/1ヵ月:150,000円
  • 敷金/家賃150,000円×10ヵ月=1,500,000円
  • 工事期間/空家賃1ヵ月=150,000円
  • 内外装費:1,000,000円
  • 運転資金:1,000,000円
  • 合計:6,820,000円/イニシャルコスト

収益モデル分析
【シルバープラン:6,000,000円/推定売上高】

  • 原価率(仕入れ値)64%
  • 粗利益率:36%
  • 利益率:20%
  • 年間利回り:300%
  • 回収期間:4ヶ月
  • 推定オーナー年収:14,337,187円

 

おそうじ本舗【ハウスクリーニング部門】

粗利率95%以上の珍しいモデル

必ず儲かるフランチャイズ:おそうじ本舗

イニシャルコスト(初期投資額)

  • 加盟金:200,000円
  • 保証金:200,000円
  • 研修費:440,000円
  • 機材費:1,550,000円
  • システム導入費:150,000円
  • 諸経費:30,000円
  • 開業支援チケット:50,000円
  • 物件取得費用/1ヵ月:80,000円
  • 敷金/家賃80,000円×6ヵ月=480,000円
  • 工事・準備期間/空家賃1ヵ月=80,000円
  • 内外装工事費:300,000円
  • 運転資金:500,000円
  • 合計:4,060,000円/イニシャルコスト(税抜)

収益モデル分析
【有店舗型:2,075,051円/推定売上高】

  • 原価率(仕入れ値)4.9%
  • 粗利益率:95.1%
  • 利益率:49.3%
  • 年間利回り:288%
  • 回収期間:4.2ヶ月
  • 推定オーナー年収:8,173,653円

※おそうじ本舗資料は【フランチャイズの窓口】から請求してください(上記の赤いボタンを押せば、フランチャイズの窓口に移動します)

 

IBJ日本結婚相談所連盟【結婚相談所部門】

ローリスク・ハイリターン「ストック型ビジネス」

必ず儲かるフランチャイズ:IBJ日本結婚相談所連盟

イニシャルコスト(初期投資額)

  • 加盟金:1,500,000円
  • 運転資金:500,000円
  • 合計:2,000,000円/イニシャルコスト

収益モデル分析
【専業・中規模運営:1,150,000円/推定売上高】

  • 利益率:80%
  • 年間利回り:540%
  • 回収期間:2.2ヶ月
  • 推定オーナー年収:7,728,000円

 

Wam(ワム)【学習塾部門】

不況に強い「教育ビジネス」

必ず儲かるフランチャイズ:ワム

イニシャルコスト(初期投資額)

  • 加盟金:1,000,000円
  • 保証金:500,000円
  • 開業準備金:1,000,000円
  • 研修費:850,000円
  • 開業支援金:2,000,000円 ※キャンペーン期間は1,000,000円
  • 物件取得費用/1ヵ月:220,000円
  • 敷金/家賃220,000円×6ヵ月=1,320,000円
  • 工事期間/空家賃1ヵ月=220,000円
  • 内外装工事費:3,500,000円
  • 運転資金:1,000,000
  • イニシャルコスト:11,610,000円 or 10,610,000円

収益モデル分析

  • 利益率:36.6%
  • 原価率:25%
  • 経常利益:7,133,286円
  • 年間利回り:61.5%
  • 回収期間:19.5ヶ月
  • 推定オーナー年収(本部収益):4,566,303円

 

レビュー記事はなし:ただ、儲かるFCモデル

ここから先のFCモデルにレビュー記事はありません。分析はしたものの、記事にする時間がなかったモデルたちです。そこで、下記基準に沿って掲載します。

フランチャイズモデル掲載基準

  • イニシャルコストが安い
  • 固定費が安い
  • 少人数で回せる
  • 利益率が高い
  • 小さく売って大きく儲けることが可能

これまで紹介したFCモデル同様、かなり期待値は高いのでぜひ資料を取り寄せてみてください。ここから掲載するFCモデルはすべて【フランチャイズの窓口】で一括請求することも可能です。

※下記FCモデル群は、今後記事にしていく予定

トータルリペア【リペア事業】

脱サラ1人開業:成功者多数

必ず儲かるフランチャイズ:トータルリペア

トータルリペア:資料請求ページへ

※クリックすると【フランチャイズの窓口】に移動するため、ページ内で「トータルリペア」と検索し、資料請求してください

 

はぐくみA【就労継続支援A型事業】

売上が増え続けるストック型ビジネス

必ず儲かるフランチャイズ:はぐくみA

はぐくみA:資料請求ページへ

※クリックすると【フランチャイズの窓口】に移動するため、ページ内で「はぐくみA」と検索し、資料請求してください

 

売らないネットショップ 自動販促システム【代理店業】

隙間時間で大きな利益が見込める

必ず儲かるフランチャイズ:売らないネットショップ

売らないネットショップ:資料請求ページへ

※クリックすると【フランチャイズの窓口】に移動するため、ページ内で「売らないネットショップ」と検索し、資料請求してください

 

通販住宅【代理店業】

回収期間=最短1か月可能

必ず儲かるフランチャイズ:通販住宅

通販住宅:資料請求ページへ

※クリックすると【フランチャイズの窓口】に移動するため、ページ内で「通販住宅」と検索し、資料請求してください

 

まいぷれ【代理店業】

利益率80%越えの高収益ビジネス

必ず儲かるフランチャイズ:まいぷれ

まいぷれ:資料請求ページへ

※クリックすると【フランチャイズの窓口】に移動するため、ページ内で「まいぷれ」と検索し、資料請求してください

 

プロシードネットワーク【退去立ち合い】

1件受注で売上高200万円オーバー

必ず儲かるフランチャイズ:プロシードネットワーク

プロシードネットワーク:資料請求ページへ

※クリックすると【フランチャイズの窓口】に移動するため、ページ内で「プロシードネットワーク」と検索し、資料請求してください

 

必ず儲かるフランチャイズはない

前提として、必ず儲かるフランチャイズなど存在しません。成功保証型ビジネスなどあり得ないからです。それでも上記のように、成功確率の高いFCモデルは確かにあるため、参考にしてください。

記事のポイントをまとめます。

儲かるフランチャイズモデル=失敗リスクの低いFCモデル

失敗リスクの低いFCモデルとは

  • イニシャルコストが安い
  • 固定費が安い
  • 少人数で回せる
  • 利益率が高い

イニシャルコストが低いメリット

  • 借入金が減る=破産リスクの低減
  • 支払い金利が減る=単月利益の増加
  • 減価償却費が減る=単月利益の増加
  • 回収期間が早くなる=儲かる可能性向上

固定費が安いメリット
※家賃・ロイヤリティ・システム利用料など

  • 経営を圧迫しない
  • 売上高は小さくてもOK
    ※ここでは、FLコストを無視

少人数で回せるメリット

  • 販売管理費の多くを占める「人件費」の削減

また、下記のような人的リスクを回避できる

  • 従業員は簡単に解雇できない(パート・アルバイトであっても)
  • 急遽出社できない(急用・子供の熱など)=業務が回らない
  • 突然の退社=業務が回らない
  • 結果、サービスレベルの低下=売上ダウン

利益率が高いメリット

  • 最小限の労力で利益を最大化できる
  • 小さく売って大きく儲けることが可能

こうしたFCモデルを選ぶべきです。

なお、この記事で私が紹介したフランチャイズモデル群は、上記すべてをクリアしています。

>>もう一度FCモデル一覧を見てみる

 

フランチャイズ起業するとき、多くの人は「有名だから」「儲かりそうだから」というような感覚値で行動しようとします。確かに、ネームバリューがあり店舗も増え続けているFCであれば上手くいくこともあります。

しかし、その一方で「広告が上手い」という理由だけで有名になってしまうFCモデルも存在します。つまり、全く儲からないにも関わらず、ブランディングや集客技術が高いことで加盟者が増加する現象が起きているのです。もちろん、加盟者は利益をあげることができず、結果的に苦しい生活を送ることになります。

フランチャイズ本部のキャッチコピーや収益モデルを鵜呑みにしてはいけない、ということです。そして、真実を解き明かすためには、自身で収益モデル分析を行えるようになる必要があります。開業前資金やイニシャルコスト、借入返済計画や損益計算書などを独自に作成できなければならないということです。

もちろん、本部が開示している数値を当て込むだけでは意味がないため、内外装工事における平均坪単価を調べたり、一般的な物件取得費用を理解したりする必要があるわけです。

もっと言えば、ランニングコストとなる「採用教育費」「広告宣伝費」「福利厚生」「通信費」「光熱費」「地代・家賃」「雑費」「租税公課」といった項目に適切な数値を入れることで、ようやく「本当に儲かるのかどうか」がわかるようになるのです。つまり、経験値から生まれる「プロの視点」が求められるということです。

ただ、そうは言っても多くの人は素人であるため、不可能な話です。そこで、私が代行してすべての数値を明らかにし、「現実的に儲かる可能性の高いFCモデルのみ」部門別、かつランキング形式で掲載しています。「真実の数値」を解き明かし、その根拠を理解することでフランチャイズビジネスは成功します。

総合部門:FCランキング

飲食店部門:FCランキング

個別指導塾部門:FCランキング

ハウスクリーニング・リペア部門

副業部門:FCランキング

© 2021 フランチャイズLABO:儲かる加盟・開業・広告・結婚相談所 Powered by AFFINGER5